ベトナムの結婚式(披露宴)に参加してきました!

月一の投稿で暑苦しくビジネスについて語ってるブログを見るのも飽きてくると思うので、今回はSAKEすら関係ないベトナムのお話です。 ベトナム人の結婚式ってどんなんやろってのは気になる人もいるんじゃないかと思います
べ、別にベトナムに興味ある人にフエフーズを知ってもらうSEO的なために今回のタイトルになったわけでは決してございません(笑)

今回はベトナム出張中にフエフーズの総務関係を行っている女性社員が結婚するというので、参加させていただきましたのでそのお話をしたいと思います。

1. 日取りについて

日本では土日が一般的で大安を選んだりしますが、ベトナムは平日でもお構いなく式の日取りを決めています笑
今回参加したのは、水曜日でした。それでも500人程の人がベトナム各地から集まってくるのでびっくりです。

2.ご祝儀について

どこの国でもあるのかもしれませんが、お伝えしたいのは金額の相場とかではなく渡し方。
よくみるウェディングケーキのような箱に封筒を入れるだけという簡単なお手続きです笑
受付というものもなく、ご祝儀を箱にいれて、自由に席に着くという新しい感じです

3.集合について

仲いい人は全員呼ぶスタイルなのか、フエフーズをやめた人も普通に参加しているという同窓会みたいな感じで人がぞろぞろと集まってきます。懐かしい人に会えたりするので、これまた自由でとても楽しかったです。
時間は18時開始でしたが、揃わないので18時半くらいにスタート。

4.披露宴について

日本でお決まりの新郎新婦の会社関係者などの挨拶は一切なく、いきなり乾杯で始まります笑
共通しているのは開始後2時間でお開きという感じです。自由に帰れそうな雰囲気ですし、テーブルごとに飲み会しているだけとも言えちゃうのですが笑
異文化過ぎてとても面白かったです!

本当に関係ない話だけで終わってしまったので、一つだけ告知です。
11月2日、3日に東京・京都で開催される
Sake World Cupというイベントにドタ参することにしました。ドタ参になって理由は、存在しらなかったっていうのと、主催者にも声をかけてもらえなかったという悲しい認知度です笑
頑張ろうって心底思いました。
存在を教えて頂いたのは、たまたまツイッターでフォロー頂いてたカナダで酒蔵をやっているYK3の杜氏さんでした笑
本当に感謝です。
ということでその話はまた次回したいと思います~

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です