ベトナムでしか飲めない日本酒:越の一

お久しぶりです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

今月は、楽天セールで梱包作業に追われたり、東京行って楽天市場の出店間もない人たちとの勉強会に参加したり、ベトナムに行って、日本酒作り体験をしてきたりとしてきました!

自分のことはどうでもいいので、今回はベトナムでHFC商品の流通のお話をしたいと思います!

少しずつ認知度も高まってきているせいか、日本からのお問合せが増えてきてます。何のお問合せかというと…

「越の一」(えつのはじめ)

という商品です。
この商品は、ベトナムで最初に作られた日本酒です。ベトナムを漢字で書くと、越南と書きます。越南初の日本酒ということで、「越の一」と名付けられました。

日本で「飲めませんか」「買えませんか」というありがたいお問合せをいただけるのですが、日本での販売は現在予定していません。
ベトナムの日本料理店やベトナムの酒屋でご購入いただけます。

他にもベトナムでしか飲めないお酒があります。
「帝王」という米焼酎と「麦の一」という麦焼酎と「アティソのはじめ」という新商品です。
商品の説明は今後していくとして、どこで飲めるかということを書いていきたいと思います。

日本人観光客が多く訪れる都市、「ホーチミン」、「ハノイ」、「ダナン」を筆頭に商品を多く取り扱ってもらっています。取扱い店舗の多くは、日本食レストランです(日本人経営もあれば外国人が経営しているところもあります)。
日本食レストランでよく置かれている商品は、「越の一」「芋はじめ」「米はじめ」「麦はじめ」といった日本でもよく飲まれる、日本酒や焼酎です。

焼酎甲類の「鬼」は日本食レストランのサワー類に入ってるところもあります!


「越の一」や「帝王」があります!探してみてください!(ベトナムのファミリーマートです)





一方で、ベトナム人に対してよく知名度がある商品は、梅酒の「うめ一」、米焼酎の「帝王」、焼酎甲類の「鬼」が人気です。
文化の違いがあるせいか、やはり好みがわかれるみたいです。

飲酒する方のほとんどは男性で、女性が飲まないのも特徴です。

という感じでベトナムでは出回っています!
ベトナムにいる日本人の方への知名度はまずまずですが、もっと日本の方に知ってもらって、ベトナムに来たら是非「越の一」を飲んで頂けたらと思います!

そして、先程飲めないと言っていましたが、試飲できる機会があります!!
4月17日~19日に東京ビックサイトの「ワイン&グルメジャパン2019」というイベントに出展することになりました。事前登録で無料ですので、是非別件でいらしてたらお越しください!

日本で販売するつもりはないのですが、少しでも存在を知ってもらう機会になればと思い「越の一」を持って帰ってきました!
販売しない理由は、「輸入」していないからです笑

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です